« 都内唯一の円空仏 | トップページ | 鎌倉街道 中道(西回り)をたどる旅 その1 »

2013年3月20日 (水)

東京国立博物館庭園

東京国立博物館の庭園で春の公開が行われています。今年は3月9日から4月14日までだそうです。今年は桜の開花が早いので、この週末あたりがちょうどよいかもしれません。下の写真を撮影したのは3月17日ですが、枝垂れ桜がもう少しで見頃という感じでした。

Photo

茶室「六窓庵」の手水鉢。四方仏水盤という形式で、延長3年(925年)に関白藤原忠平が建立した法性寺という寺の石塔を転用したものだそうです。茶室の方は金森宗和が奈良の滋眼院(じげんいん)に建てたものを明治年間に移築したものです。

Photo_2

茶室「転合庵」遠景。茶会が行われていて見学できませんでしたが、こちらは小堀遠州が京都、伏見の六地蔵に建てた茶室を移築したものです。

Photo_3

池の南側に植えられているエドヒガンの枝垂れが見頃一歩手前でした。枝垂れはソメイヨシノより少し花期が早いので、そろそろ満開になっているかもしれません。

|

« 都内唯一の円空仏 | トップページ | 鎌倉街道 中道(西回り)をたどる旅 その1 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500192/56998581

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立博物館庭園:

« 都内唯一の円空仏 | トップページ | 鎌倉街道 中道(西回り)をたどる旅 その1 »