« 神田川崖線の庭園-1 関口芭蕉庵  | トップページ | テレビ局がミイラ志願者を募集? »

2010年1月13日 (水)

神田川崖線の庭園-2 おとめ山公園(旧相馬邸庭園) 

神田川崖線の庭園第2弾は目白駅の南西にある「おとめ山公園」です。名前の由来は、江戸時代に将軍家の鷹場として立ち入りが禁止され、「御留山」と呼ばれたこと。その後大正期に相馬家が庭園を営み、昭和40年代にその南半分を公園として保存したもので、東京都環境局選定の「東京の名湧水57選」に選ばれた湧水がつくる流れと池が楽しめます。ちなみに相馬家とは「相馬野馬追」という行事で有名な中村藩(福島県)の藩主だった家です。台地上に構えた屋敷の南側の斜面が庭園となっており、湧水に端を発し、屈曲しながら流れ下る渓流と、その上部のなだらかな斜面を生かしたデザインが基調となっていました。公園化後、渓流の下部ではホタルの飼育が行われるようになり、毎年夏の公開日には多数の見物客で賑わいます。

Photo_2

入口のすぐ脇にホタルのケージがあり、園路はそこから渓流をさかのぼる形で続いています。

Photo

ホタルの飼育舎。公開日には数時間の行列ができるほど。

Photo_3

渓流は「下の池」から注ぎだしています。

Photo_4

崖上の公務員住宅。かつては庭園の一部で、なだらかな芝生と松の疎林が広がっていました。

Photo_5

石橋と上の池。

Photo_6

流れは石橋のある下の池と上の池の境界辺りで直角に近く方向を変えます。さかのぼる人は東から西に向かって谷頭にある湧水を目指します。

Photo_7

湧水。岩のあいだから流れ出しています。水音がはっきり聞こえるほどの水量があります。

Photo_8

谷戸の南斜面をのぼると、庭園南端にあった四阿屋が復元されています。これはその周辺の飛び石。

Photo_9

庭園の東南部を欠くような形で建つ藤森稲荷社(東山稲荷)。いまも公園入口の脇から少し登ったところにひっそりと佇んでいます。

|

« 神田川崖線の庭園-1 関口芭蕉庵  | トップページ | テレビ局がミイラ志願者を募集? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500192/47281447

この記事へのトラックバック一覧です: 神田川崖線の庭園-2 おとめ山公園(旧相馬邸庭園)  :

« 神田川崖線の庭園-1 関口芭蕉庵  | トップページ | テレビ局がミイラ志願者を募集? »