« 日本各地の庭石の標本園 - 清澄庭園 | トップページ | 神田川崖線の庭園-2 おとめ山公園(旧相馬邸庭園)  »

2009年12月19日 (土)

神田川崖線の庭園-1 関口芭蕉庵 

東京都国分寺市から世田谷区にかけて続く武蔵野丘陵南端の崖、国分寺崖線沿いには数多くの湧水があり、傾斜面と水を生かした庭がたくさんあることで有名です。一方崖線の長さでは劣り、また近年の開発にあってかなり数を減らしたとはいえ、神田川の北岸に続く豊島台の段丘崖沿いにも、たくさんの名園が残されています。その一つ、関口芭蕉庵を取り上げます。

Photo

関口芭蕉庵は芭蕉が郷里の伊賀上野から2度目の上京をした際に住んでいたと言われている場所で、当時はすぐ下を流れる神田川で神田上水の改修が行われていました。芭蕉庵の西向かいには工事の安全と治水を祈って創建された「水神社」があり、イチョウの黄葉がまだ落ちずに陽を浴びていました。

Photo_2

入るのは胸突坂のいちばん下にある西側の戸から。入って池のある上段へ登っていく道には芭蕉の木が植えられていて、南方の木の明るさが「わび・さび」のイメージとは異なる世界を垣間見せてくれます。

Photo_3

瓢箪池。崖線からの湧水をたたえた池です。

Photo_4

池には草や木が覆いかぶさるように生え、幽邃さを演出しています。

2

池畔のカエデもまだ散り残っていました。

Photo_5

庵の裏手にある石鉢にも湧水がぽつぽつと注いでいます。

Photo_6

崖の中腹にある芭蕉堂。中には芭蕉の木像が納められています。

Photo_7

堂の傍らの木には山鳩がとまって羽づくろいをしています。

Photo_8

池畔から振り返ると庵の向こうに水神社のイチョウが高々とそびえていました。

Photo_9

芭蕉の時代はおろか、昭和の初めまで神田川の対岸には早稲田の田んぼが広がっていて、高台から眺めるその景色は実にのどかだったといいます。現在では建物や木々に阻まれて、高台に登っても早稲田側の景色を見渡せる場所がほとんどありません。この景色は近くにある金乗院、目白不動の墓地の最上段から眺めたものですが、立ち並ぶ墓石のむこうに流れる神田川を思い浮かべながら、かろうじて昔日の面影を幻視することができます。というか、現場に立った時にはできたような気がしました。

|

« 日本各地の庭石の標本園 - 清澄庭園 | トップページ | 神田川崖線の庭園-2 おとめ山公園(旧相馬邸庭園)  »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500192/47061444

この記事へのトラックバック一覧です: 神田川崖線の庭園-1 関口芭蕉庵 :

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/12/20 09:15) [ケノーベル エージェント]
国分寺市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 09時15分

« 日本各地の庭石の標本園 - 清澄庭園 | トップページ | 神田川崖線の庭園-2 おとめ山公園(旧相馬邸庭園)  »