« 2008年11月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

シロフクロウは海鳥?

今回もシロフクロウの話題ですが、少し捉える角度が違い、そこが面白そうです。

========

シロフクロウは海鳥?


人工衛星を用いた野生動物の研究によって、シロフクロウの極北環境への適応の仕方を根本から考え直す必要が出てくるかもしれない。

「私たちが人工衛星を使った研究で追跡したメスの成鳥のうち6羽が、なんと昨年の冬のほとんどを北極海のはるか沖合に浮かぶ氷の上で過ごしていたのです」と話すのはラバル大学の博士課程に在籍するジャン-フランソワ・テリアン氏。国際極年(IPY)の調査プロジェクトの一環として、カナダの極北環境の主な環境指標種の生態をよりよく理解するために、ジル・ゴーティエ教授と共同研究を行っている。

生物学者たちは上記の発見にかなり驚いており、それならイヌイットのアザラシ・ハンターが冬の暗闇の中で氷山の上にいる白くて大きい鳥に出会ったことがあるかどうかを、ぜひ聞いてみたいと思っているようだ。

「その鳥がそこで何をしていたかというと、おそらく海鳥をねらっていたのでしょう。海辺で鳥の調査を行った研究者が、シロフクロウが冬にケワタガモを襲っているところを見たと言っています。私たちが追跡したシロフクロウたちのいた位置と、他の衛星でとらえた氷の浮かぶ何もない海の位置とを照合してみれば、この仮説は説得力が増すはずです」とゴーティエ教授は話す。

調査に携わった人々は、この極北の猛禽が、同じく極北の哺乳類であるシロクマと同様、海洋環境の一翼を担っているという事実に、不思議な感懐をいだいている。この発見がシロフクロウという種にとってもつ意味は、今週水曜にケベック市で開かれる北極圏の気候変動に関する国際会議で、テリアン氏が明らかにする予定だ。同会議は北極の直面する問題を扱う史上最大規模の国際調査報告会議である。バフィン島の北にあるバイロット島の巣で脚環をはめられた1羽の鳥がどれほど遠くまで飛んでいったかは、驚き以外の何物でもない、と同氏は話す。

「人工衛星のデータを見ると、シロフクロウが移動した距離が一目でわかります。ものすごい距離です。あるフクロウはエルスミア島まで行っていますし、別の1羽はまっすぐノースダコタ州まで飛んでいっています。さらにもう1羽はニューファンドランド島の東端に落ち着きました」

調査に携わった人の話では、今年の冬はカナダ南部でこのすばらしい鳥を目にする機会が例年より多そうだという。ゴーティエ教授はそれについて、「去年の夏は、私たちの研究エリアの中ではレミングの生息数がここ数年来でいちばん多かったんです。フクロウにとってはきわめてヒナを育てやすい環境なので、仲間内では今年の冬は幼鳥の拡散が相当広い範囲に及びそうだと予想していました」と述べている。

しかも実際に新聞の報道や自然愛好家からの目撃情報が多数にのぼっているところを見ると、その予想はどうやら既に現実のものとなっているようだ。ちなみに、もしシロフクロウを空港に近づけないようにするうまい方法を知っている人がいたら、それがどんなものか聞いてみたいという空港関係者が少なくとも1人はいるだろう。ドーバルにあるモントリオール・トルドー国際空港でシロフクロウが飛行機に衝突したというニュースが1件、今年既に報じられている。

IPYや自然科学工学研究評議会(NSERC)からの援助や衛星技術の進歩のおかげで、この極北の鳥に対する我々の理解にはまちがいなく革新がもたらされるでしょう」とゴーティエ教授。だが2人によれば、その知識はすぐにでも手に入るというものではなさそうだ。

ジャン-フランソワ・テリアン氏の講演、「シロフクロウの増殖と長距離移動について-シロフクロウは気候変動に弱い最上位捕食者か」は、1210日にケベック市で開催される北極圏の気候変動に関する国際会議で行われる。同氏はNSERC極北インターンシップを受けて研究を行っており、同研究はラベル大学の学外を拠点とするNSERC IPY Arctic WOLVESプロジェクトの一部でもあった。Arctic WOLVESとは脆弱環境関連極北野生動物観測所の主催するプロジェクトである。

出典: http://www.sciencedaily.com  2008年12月10日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

フクロウに対するインドの俗信

今日はインドからショッキングながらも実に示唆に富むニュースです。『フクロウになぜ人は魅せられるのか』にはアフリカでの同様の事例を載せてあります。

========

黒魔術はフクロウ嫌い


G. S. マデュール

 

ニューデリー発。インドでは迷信や魔術がフクロウの生存をおびやかしている。

バローダ市にあるマハラジャ・サヤジラオ大学の鳥類学者による6か月もの研究の結果、男の言葉は意図的にフクロウの翼を捩じって折った形跡のある不自然なケガに対する、お決まりの言い訳にすぎないということがわかった。

「人の手で故意にさせられたケガのようですね」と話すのは、同大学の鳥類学助教授、Ranjitsinh Devkarさん。同氏はグジャラート州森林局や動物虐待防止協会との共同研究中、バローダ市内で30羽のフクロウを発見したが、いずれも片翼がひどく傷ついた状態だったという。

よく観察すると、翼にある上腕橈尺関節という骨がねじり折られていることがわかった。同氏は当紙の取材に対し、「人の手で折られたものだとするとケガの程度が鳥によって違うと考えたのですが、思った通りでした」と話している。

獣医師からの情報では、インドール、ムンバイ、アーメダバッドでも同様のケガをした鳥が見つかっているそうだ。

バローダ市内にある動物病院ヴァン・チェトナ・センターのスタッフが傷口を消毒し、傷んだ関節への負荷を減らして早く治るように羽根を切り落とし、ケージ内に保護するなど応急処置をとった。

同氏は自身の発見をインド科学アカデミーの機関誌『Current Science』に投稿したが、それによるとケガをしたフクロウの保護された日は、インドの陰暦でいうある日に集中している。30羽のうち19羽が、新月前後の3日間に救護されているのだ。つまり黒魔術の儀式としてフクロウが傷つけられたに違いない、という。

 

「全然驚きませんよ」と話すのはアーメダバッドの環境教育センターで教育方針の策定を担当するGirish Jatharさん。フクロウは複数の部族のあいだに今日でも残っている迷信の犠牲者なのだそうだ。

インドコキンメフクロウの研究で博士号を取得している同氏は、部族社会で行われている市でフクロウの翼や脚が売られているのを見たことがあるという。同氏の社会経済研究によれば、サンプル調査を行ったナンドゥルバールやマハラシュトラの部族民の73%が、「フクロウは人間の魂を食べて生きている」と信じているふしがある。

「当地にはフクロウの幼鳥を殺すことは多産につながるという迷信がかなり広まっています」と同氏は話す。

マハラシュトラではヒル・ステーションで開催される部族間の市はトランマルと呼ばれているが、そのうちのある市では女がフクロウの脚を1揃い100ルピー、ワシミミズクの剥製を350ルピーで売っていたそうだ。

出典: http://www.telegraphindia.com  2009年1月28日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

アメリカのフクロウ・ウォッチャー事情

今日はシアトル・タイムズからフクロウ・ウォッチャーの最新事情です。ちょっと長文です。

========

早朝の寒さ暗さもフクロウが見られるなら何のその


キャスリン・トゥルー

 

ジェイミー・アッカー氏が根っからのフクロウ好きになったわけ

 

米海軍の潜水艦将校を長年務めて退職したことで、その昔からのベインブリッジ・アイランド在住者は、目を空に向けるきっかけをつかんだ。鳥に対する興味はオハイオ州の幼稚園に通っていた頃、好奇心旺盛な彼の心をつかんで離さない関心時だったが、その情熱が再び燃え盛ったのも無理からぬことだった。しかし彼は高校教師としてフルタイムで働いていたし、家には子供が2人いたので、バードウォッチングをする時間は早朝の3時から6時までの時間帯しか残されていなかった。「だから見られる鳥の種類は自然と限られていたんです」とご本人。

1994年のこと、彼はある友人にアメリカキンメフクロウ(Northern saw-whet owl)を見に連れていってもらった。それがフクロウを見た最初だった。彼はこの身長7から8センチ、体重5.5オンスというかわいらしいフクロウを評して「めちゃくちゃかわいいというだけじゃないんです。とてもたくさんいて、しかも声をかけると返事をするんですよ」という。

「今がフクロウのベスト・シーズンです」と話すアッカー氏はこの週末、読者の皆さんが寝ているあいだも、暗視単眼鏡で木々のあいだをしげしげと眺めている。フクロウは1月から2月のあいだにテリトリーの形成や番う相手探し、求愛行動を始める。ワシミミズクは現在すでに抱卵期に入っており、アメリカフクロウ(Barred owl)も2月初めには営巣を始める。

 

聴覚でフクロウ探し

 

ほとんど昼間しか生活しない人が早朝の森の厳かな静寂を知ったら、それは驚くだろう、とアッカー氏は話す。探されている鳥たちにとってそうであるように、彼がフクロウを探すための一番の道具は、自分の耳だ。

「フクロウ探しの半分は聴覚が担っています。フクロウは飛ぶ時に音を立てないという思い違いがあるようですが、着地する時には必ず音がします。木の枝は湿っていることが多く、フクロウが止まると滴が流れ落ちる音がするんです」と同氏。

在野の鳥の専門家であり、鳥へのバンディングのライセンスを持つ同氏は、1996年以降ベインブリッジのフクロウの生息数を調査している。テリトリーの範囲や生息数、生息分布の調査のため、アメリカフクロウとアメリカキンメフクロウに脚環をつけて放す。この季節には最大で5種のフクロウが見られるという。ワシミミズク、メンフクロウ、アメリカフクロウ、ニシアメリカオオコノハズク(Western screech owl)、アメリカキンメフクロウの5種だ。

趣味で始めたフクロウ・ウォッチングだが、輝かしい発見にもつながった。フクロウの生息状況に過去12年間、ある傾向が見られるというのだ。東海岸を生息地とするアメリカフクロウが少しずつ生息地を西へと広げてきているという事実のことである。ベインブリッジで初めて個体の目撃報告があったのが1992年のことで、さらに2008年のオーデュボン協会クリスマス・バード・カウントで同氏は86羽を確認している。

「浸透率はどのくらいかとよく聞かれますが、今のところまだわかりません」と同氏。同じ場所に営巣を続けている個体があるが、新しく来た別の個体がすぐ近くに営巣するので、テリトリーはかなり狭いという。彼は状況証拠にすぎないと強調しながらも、アメリカフクロウの増加がニシアメリカオオコノハズクの減少に何らかの形で影響するかもしれないことを気にかけている。オオコノハズクのつがいは12年前には12組いたが、このところクリスマス・バード・カウントでは1羽も発見されていないという。

「フクロウの調査に携わっている人たちのあいだではよく知られた傾向です。そのうちどこへ行っても見られなくなってなくなりそうなので、絶滅危惧種に指定されています」と同氏。「私から見ると生息数は激減しています。観察と保護が必要な種類ですね」

 

すばらしい適応を遂げた捕食者

 

エンジニアとしての教育を受けた経験のあるアッカー氏は、フクロウを夜に狩りをする鳥へと適応させた独自の能力に魅力を感じている。

「足に生えた鉤爪や飛行の際の視界の確保方法など、夜に適応するためのおもしろい性質がたくさんあります。種として成功するために視覚や聴覚を進化させてきた過程は実に興味深いものがありますね」

例えば人間の耳は顔の左右対称の位置についているが、ほとんどのフクロウは左右で違う位置についている。すばらしい正確さで獲物を狙うことができるのはそのためだ。

この夜行性の鳥を見たいと思った方は、フクロウ・ウォッチング経験者と一緒に行かれるのがおすすめだそうだ。シアトル市公園課提供の旅程(「行かれる方は」を参照)か、シアトル・オーデュボン協会の資料をご覧いただきたい。あるいはTweetersのウェブサイト(www.scn.org/earth/tweeters)で別の探鳥家を探すのもよいだろう。

アッカー氏によると、録音テープでフクロウの鳴き声を流すと、フクロウはそれに応えて出てくるものらしい。

「フクロウたちは自分のテリトリーや番い相手に対する脅威だと感じたものに反応する性質があります。ただし私は同じ鳥を2週間続けてだますようなことはないようにしています」

同氏は9月末や2月のアメリカキンメフクロウの渡りの時期には、日中の用事に集中できなくなるほどだという。授業にきた時にいかにも朝帰りという顔をしているので、生徒たちは先生をとんでもない飲み助だと思っているそうだ。

「生徒たちには、睡眠不足は死んでから穴埋めすると言ってあります」と同氏。「世界が寝ているあいだも起こり続けていることが、たくさんありすぎるんですよ」

出典: http://seattletimes.nwsource.com  2009年1月29日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

野球場の外野部分に営巣したアナホリフクロウの行き先は?

フロリダ州ではこんな話題もありました。見てみたいものです。

========

野球場に里帰りしたアナホリフクロウの引っ越し先は?


マイケル・シュミーマン

あの鳥たちが帰ってきた。この45年のあいだマーゲート公園を営巣場所にしているアナホリフクロウの家族のことだ。姿の見えない数ヶ月の間どこへ行っているのか、それとも全くどこへもいっていないのか、誰にもわからない。

「彼らは巣の中で数ヶ月のあいだ体をかがめているだけなのかも知れません」と話すのはマーゲート公園を管理しているボブ・ドーバンドさん。市の職員で、フクロウの巣を市営球場の外野という当初の場所から問題のない場所に移動する、というあまり気の進まない任務を与えられた人物だ。

「相談しようと思って州動物保護局に電話したんですよ。そしたら、ここに巣があればよいと思った場所、ここならフクロウが育つのを待つのに都合がいいと思った場所に新しく穴を掘れ、というんです」

フクロウたちが元の巣穴から市の環境整備局が入っている建物から10ヤードほどのところにつくった新しい巣穴に引っ越してくれたことに、ドーバントさんは安心し、また同時に驚きもした。

同整備局職員のレオ・ゼルバスさんは、いつも職場の窓からフクロウを観察している。

「お昼時に5分ほど巣の観察だけをする時間をとることが時々あります。今年はヒナが5羽いますね。ここのところ寒かったので、5羽全部がくっついて丸いボールのようになっていました。何ともいえずかわいかったですよ」と同氏。巣の周囲の壁には貼り紙がしてあり、鳥に害を与えた者には厳しい処分を与えるという旨の警告が記されている。

州動物保護局の推計では、フロリダ州には3,000から10,000羽のアナホリフクロウが生息している。このフクロウは自分で巣穴を掘ったり、他の動物の巣穴を再利用したり、時には排水管に営巣することもあるという。主に昆虫をエサとするが、小型のトカゲ、カエル、鳥、動物の死体なども食べることがあるそうだ。

出典: http://www.sun-sentinel.com  2009年2月5日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

シロフクロウの飛来情報

今年はアメリカではかなり南の方まで飛来しているようです。Webで下記のような記事を見つけました。

========

今年はツンドラから飛来し、マディソン、オノンダガ、オスウェゴ、カユガ各郡に姿を見せるシロフクロウの数が例年より多い、と専門家が指摘


S.J.
ベラスケス

鳥を見て「あれはシロフクロウじゃないか? ほら、ハリー・ポッターに出てきた種類だよ」、と思われた方、それはまさに正解かもしれない。この冬はニューヨーク州の中央部一帯でこの鳥の王者の目撃が相次いでいる。鳥の専門家によれば、もっと北の州へ行けば目撃情報はさらに多いそうだ。しかも、普通ならまず見つかることのない南の方の州でも、今年は見たという情報がある。ジョージア州やアラバマ州では22年ぶりの目撃情報が寄せられた。ニューヨーク州環境保護局の生物学者、ジョン・オズアルド氏によれば、今年はシロフクロウの飛来が例年より早く、数も多いとのこと。またコーネル大学鳥類学研究所のケビン・マクガワン氏によれば、鳥類学者のあいだでは、シロフクロウの幼鳥が食糧の供給が不足して既に北の国で生活圏を確立している成鳥と太刀打ちができなくなるために南下してくる、と考えられているそうだ。「まったく周期的な現象です。来ない年だってあるんですよ」と同氏。例えば昨年はオノンダガ・オーデュボン協会の希少鳥類監視システムに、シロフクロウの目撃情報は一件も寄せられていない。マクガワン氏の記録によれば、羽色が白くて目立つ鳥がシラキューズ周辺に飛来したという情報は1800年代中頃から断続的に残されているという。シロフクロウの生息地はツンドラで、開けた場所に住み、主にレミングなどのネズミを捕食して生活している。周囲に木立や丘がなく、広々とした平らな場所で狩りをすることを好むため、畑の中で獲物を探すことがあり、飛行場の滑走路周辺で目撃されることも多い。先週はシラキューズのハンコック空港で目撃されている。同市航空局によれば同空港内では稀に見られることがあるが、1羽だけで飛来し、狩りをするので、特に厄介者扱いされることはない、との話だ。オノンダガ・オーデュボン協会の希少鳥類監視システムで最新情報を把握しているジョー・ブリン氏によれば、今年の冬はカユガ郡のフェア・ヘイブンやマディソン郡南部のオスウェゴ湾での目撃情報が多い。だが同氏によれば、だからといって来年や再来年も数が多いということにはならない。「もしシロフクロウを見つけたら、立ち止まって写真を撮るのはかまいません。でも決していじめたりしないで下さい。ケガや病気のシロフクロウを見つけたら、リハビリができるように、それを報告してください。」とのコメントだった。

出典: http://www.syracuse.com  2009年2月11日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年3月 »