2013年12月 2日 (月)

富士山六態

週末に日蓮の隠遁の地、身延山を訪ねてきました。初冬の空は澄み切っていて、あらゆる場所から富士山がよく見えました。東海道線で西に向かい、富士から身延線に入り、甲府経由で中央線を使って帰途についたので、富士山の周囲を一周したことになります。今日は沿線から見えた富士山の姿を紹介します。

Photo_7

東海道線車中、小田原近辺より
Photo_8
富士駅前より
Photo_9
身延線車中より、暮色の富士市街
Photo_10
身延山上より、富士川の流れと山越しの富士
Photo_11
身延山奥ノ院前より
Photo_12
甲府城天守より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

大井町に残るいにしえの東海道、鎌倉道

大井町駅の西口を出てすぐ南側に、線路を斜めに横切るちょっと変わった踏切があります。名前を「品川道踏切」といい、その西側に斜めに商店街のあいだの細い道をたどっていくと、「三ツ又」という交差点があって、角に「三つ又地蔵尊」が祀られています。この品川道、少なくとも平安時代から続く古い東海道(いにしえの東海道)と江戸時代にできた旧東海道(ややこしい言い方ですが)を結ぶ道で、三つ又交差点がその分岐点でした。「いにしえの東海道」の本道は三つ又交差点から左に坂を下っていく道で、鎌倉時代以降はそのまま鎌倉往還として使われました。地蔵尊からすぐのところに源頼朝が戦死者を弔うために経を埋めた跡といわれる庚申堂があります。

Photo
品川道踏切

Photo_2

三つ又地蔵尊

Photo_3

庚申堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

鎌倉街道 中道(西回り)をたどる旅 その1

このところ行く先々で昔の鎌倉街道に出会うので、一度カメラを持ってまとめて辿ってみようということになり、豊島区の千川上水沿いから北区の旧岩淵宿までたどってみました。地図の関係で、今日掲載するのはそのうちの3分の2ほど、板橋区志村周辺までです。

(1) まずは豊島区の西端を流れていた千川上水沿いからスタート。千川上水は右側の一段高くなっているところを流れていました。かつてここから板橋区内を流れて石神井川に注いでいた通称「えんが堀」の谷を渡るためです。

1

(2) 千早高校の西側を過ぎると千川上水は右に折れて分かれていきます。この部分でバス通りから細い道が分かれ、並行して北上しています。右側の細い道が鎌倉街道です。

2
    
(3) 少し行くと先程右に分かれた千川上水が左からやってきて、再び合流します。上水は暗渠化され、上部が千川上水公園になっています。

3

(4) 道はそのまま要町通りと交差し、スーパー「ライフ」の北側は自転車置き場になっています。

4

(5) 板橋高校の正門のところで、千川上水はまた右に分かれていきます。高校の西の塀に沿った細い道(写真の真ん中の道)が鎌倉街道です。

5

(6) 板橋高校北西隅。古道らしい風情が残っています。

6

(7) 大谷口一丁目の路傍に明治初期の馬頭観音が残っていました。右側面が道標になっていて、「右 あら井やくし道」(左は判読不能)となっています。

7

(8) ここから先は旧道が消えて現代の道はバス通りに合流してしまっています。路傍にはア新しい大谷口の配水塔がそびえています。

8

(9) 左手に板橋第十小学校を見ながら少し行くと、左手にそば屋があります。そこから左に折れる細い道が、さきほど途切れた旧道の続きです。

9

(10) 東京朝鮮第三初級学校の東に沿ってまっすぐ進むと、日大病院前交差点脇に出ます。

10

(11) 少し行くと川越街道と交差します。

11

(12) 道はここから下り坂に。石神井川の谷に向かって下っていきます。

12

(13) 仲町の交差点に庚申塔が立っています。由来や建立時期、道標は確認できませんでした。

13

(14) 轡神社。倭建命(ヤマトタケルノミコト)を祭神とする古社で、神社の説明板に社前の道が古くから鎌倉街道と言い伝えられていると書かれています。

14

(15) 隣にある専称院。行基がつくった地蔵を祀ったのが起源という縁起を持つ浄土宗の寺ですが、現在地に移ってきたのは昭和十二年。それまでここには乗蓮寺という寺があったそうです。

15

(16) 専称院を過ぎるとすぐ東武東上線と交差します。すぐ西側に中板橋駅があります。

16

(17) 中板橋駅前商店街。駅と直交する商店街の中には、古道をそのまま利用したものが多いようです。ここもその一つ。賑わっています。

17

(18) 山中橋。石神井川を渡ります。板橋というのはもともとこの鎌倉街道にかけれらていた橋の呼称だったという説があり、実際にこの場所に立ってみるとかなり説得力を感じます。

18

(19) 山中橋から石神井川上流方面を望む。上流には豊島氏の練馬城や石神井城がありました。

19

(20) さらに進むと環七と交差します。

20

(21) 北豊島工業高校西横。ここから先は道が途絶えていて、正確なルートがわかりません。

21

(22) ルートは不明ですが、旧道は出井川の谷へと下り、後に中山道がつくられた尾根へと上がっていったはずです。写真は出井川へ下る現代の道。

22

(23) 中山道に上る道はかなりの急坂です。

23

(24) しばらく行くと東京ガーデンフォーラムというマンション(旧金門製作所跡地)があり、その先で旧道が復活します。写真をよく見ると道幅が急に狭くなっているところがありますが、そこから先が旧道です。

24

(25) 中山道と交差する直前、セブンイレブンの手前に文久年代に建てられた庚申塔があります。ここも道標に新井薬師道と書かれています。

25

(26) 中山道に出て少し東に行くと、しだれ桜で有名な南蔵院という寺があります。ここにも古い庚申塔が残されています。

26

(27) 再び旧道に戻って、赤羽方面を目指します。

27

地図の範囲の関係で、第1回はここまで。続きは第2回をご覧ください。

ルートマップはこちらです。

Map1_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

東京国立博物館庭園

東京国立博物館の庭園で春の公開が行われています。今年は3月9日から4月14日までだそうです。今年は桜の開花が早いので、この週末あたりがちょうどよいかもしれません。下の写真を撮影したのは3月17日ですが、枝垂れ桜がもう少しで見頃という感じでした。

Photo

茶室「六窓庵」の手水鉢。四方仏水盤という形式で、延長3年(925年)に関白藤原忠平が建立した法性寺という寺の石塔を転用したものだそうです。茶室の方は金森宗和が奈良の滋眼院(じげんいん)に建てたものを明治年間に移築したものです。

Photo_2

茶室「転合庵」遠景。茶会が行われていて見学できませんでしたが、こちらは小堀遠州が京都、伏見の六地蔵に建てた茶室を移築したものです。

Photo_3

池の南側に植えられているエドヒガンの枝垂れが見頃一歩手前でした。枝垂れはソメイヨシノより少し花期が早いので、そろそろ満開になっているかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

都内唯一の円空仏

都内唯一の円空仏
新宿区中落合にある「中井出世不動尊」。
都内唯一の円空仏が3体安置されていて、定期的に拝観もできるそうです。近くにあるのに、不覚にも今まで知りませんでした。江戸時代後期に円空の生地である尾張から移送されたもので、本人がここにきて刻んだものではないそうですが、一度見てみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

紅葉の石神井池

紅葉の石神井池
ちょうど見頃です。ボートに乗っている人はあまりいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

千川上水遡上編 その2

  今回は伊勢殿橋跡より上流部分です(撮影日は2012年5月13日)。練馬・豊島区境から伊勢殿橋跡まではその1をご覧ください。

Photo_2

上水は伊勢殿橋跡のすぐ脇から開渠になります。かつてはここから東側の六ケ村まで分水が引かれていました。上水の水は、現在では妙正寺川に向かって放流されています。

Photo

竹下橋から下流側を望む。春の小川がさらさら流れています。

Photo_3

同じ竹下橋から上流を望む。脇には広い畑が広がっていて、都内とは思えないのどかさです。

Photo_4

石神井西中学の脇を流れる上水。つつじがよく咲いています。

Photo_5

吉祥橋付近。脇に大きな屋敷林が。

Photo_6

井口家の屋敷林遠景。手前の畑ではキャベツがよく育っています。

Photo_8

更新橋の庚申塔。

Photo_9

三郡橋(みごおりばし)。新座郡上保谷新田、北豊島郡関村、北多摩郡関前村の境だそうです。現在は電気通信研究所の横の交差点になっています。

Photo_10

関前橋付近。この辺りまでさかのぼってくると、流路は直線的で、明るい木陰になっています。

Photo_11

境橋。現在の千川上水の起点です。道路の右側に見える並木が玉川上水、左側に見えるのがそこから分かれた千川上水。

Photo_12

現在の分水地点、「さかいはし」の欄干。

Photo_13

分水地点を千川上水の側から見たところ。昭和41年以前はここではなく、600メートルほど上流にある旧取水口から水をとっていたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

千川上水遡上編 その1

千川上水を豊島区と練馬区の区境付近から分水口までさかのぼってみました。

都会とは思えないのどかさで、青葉の季節の散策にぴったりです。撮影は2012年5月13日(日)。

Photo

豊島区から練馬区に入ったところ。この付近から江古田分水が南へ分かれ、江古田川から妙正寺川に注いでいました。

1

武蔵大学構内を流れる濯川(すすきがわ)。かつての中新井分水です。

2

濯川。南側(右手)には大学のグラウンドが広がっていて、球音が響いています。

Photo_2

練馬駅前、筋違橋跡。かつては千川がここで屈折し、清戸道(都心部から現在の清瀬方面に向かう道)の下をくぐっていました。

Photo_3

中村不動尊。かつて中村橋のたもとに祀られていたお不動さん、現在は数十メートル下流の中村分水跡に移動しています。

Photo_4

中村不動尊の南側に続く中村分水跡。細い道ながら両側に並木が植えられています。

Photo_5

中村橋跡。面影はまったくありませんが、駅名に名を残しています。武蔵高校が1939(昭和14)年に行った調査で「此の辺の千川は大層深くV形をしている、底は主として赤土、幅は五米もあると思う。両堤に桜が植えてある。」と報告されているそうです。(豊島区教育委員会、千川上水探訪マップ、1996年より)

Photo_6

九頭竜弁天。数十メートル上流にあった九頭竜橋の袂から移動してきました。

Photo_8

九頭竜橋跡。川はここで45度ほど屈折しています。

Photo_9

長命寺道標。三兵橋跡です。長命寺はこの道標に向かって左の方向にあるので、元は道の向かい側にあったことがわかります。

Photo_10

千川上水橋梁。西武新宿線上井草駅の西側にある踏切の下を千川が流れています。鉄道敷設にあたって鉄橋を短くするため、流路がS字形に曲げられたようです。

現在は上流の千川上水緑道で道路整備工事をしているため、水は流れていません。

Photo_11

西武新宿線上石神井車庫区の南側で、直交する谷を渡るために土手が築かれていて、水はその上を流れています。これを築樋(つきどい)といいます。道路から一段高くなっているのがその部分です。

Photo_13

上石神井の給水塔。江戸時代につくられた上水道のほとりに、近代的な給水塔が建っているのが興味深いところです。

Photo_14

上石神井駅の西側をまっすぐ南下したところにある庚申塔。立野橋跡です。「地蔵うどん 六義亭」といううどん屋さんの一角にあって、かつては一帯の湧水でうどんを打っていた、と書いてあります。

Photo_15

千川上水緑道。道路整備のため掘り起こされていて、現在では全く上水の痕跡はありません。したがって、ここから下流への放流は行われていません。

Photo_16

伊勢殿橋跡。青梅街道との交点です。バス停の名前は「水道端」。

ここから上流は現在でも開渠のままで、鈴木都政下の1986年に行われた「清流復活事業」で水流が復活しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

マムシグサ、性転換する不思議な植物

山道で久しぶりにあの花と出会いました。マムシグサです。

場所は埼玉県日高市の西武鉄道沿線。高麗駅から10分少々の沢沿いの小道。サトイモ科、テンナンショウ属の植物で、両手を広げた人物のような不思議な形をしています。この仲間の植物の研究をしている高須英樹先生によれば、「飛び立とうとする竜」の姿に似ているとか。

この植物の面白いところは、栄養の状態によって性転換すること。地下にできる球茎が小さいうちは無性で、次第に栄養が蓄えられてくると雄花をつけるようになり、さらに育つと雌花をつけるようになります。しかもこの転換は可逆的で、栄養状態が悪くなると今まで雌花をつけていた株が雄花をつけることもあるとか。

つまり太らないと女になる資格がないということ?

1

縞模様のある筒のような形のものは仏炎苞(ぶつえんほう)といって、花を守るための入れ物。その中にのぞいている丸いのが花の集合体、つまり花序です。

2

確かに飛び立とうとする竜のようです。

3

葉っぱはたくさんあるように見えますが、実は2枚しかありません。

4

縞模様が実にきれいです。雄花は花粉があるので、苞の中をのぞくと白く見えます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

ブドウの芽、6態

ブドウの芽が日一日と展開していきます。枝先にある芽の方が先に開くようで、同じ株の中でも進み具合が違います。ちなみに品種はデラウェア。ジベレリン処理などはしないので、種なしにはなりません。

1

展開前の芽。これも今日撮った写真です。一週間ほど前はほとんどこんな状態でした。

2

少しほどけた状態です。

3

細かい毛が生えていて、やわらかそうです。

4

さらに展開すると、こんな風になります。

5

ひとつの芽の中にたくさんの葉が折りたたまれていたのがわかります。

6

葉と葉のあいだにはもう花芽が顔をのぞかせています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ムラサキケマン